下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

下北沢・本多劇場が再スタート 有料無観客生配信日替わりひとり芝居『DISTANCE』@本多劇場

有料無観客生配信日替わりひとり芝居『DISTANCE』@本多劇場

本多劇場のコロナ禍による休業後、再開第一弾は無観客生配信によるひとり芝居。さっそうチケットセンター(イープラス)で初日(6月1日19時~)のチケットを申し込んでみた。手元のパソコンで映像が見られるかどうかには若干の危惧があるのだが、少なくともスマホでは見ることができそうだというので、見切り発車である。
 企画・脚本・演出:川尻恵太・御笠ノ忠次とあったので、それぞれのひとり芝居を全部彼らが作演出しているのかと勘違いして、この日ひとりめの永島敬三が登場して、柿食う客の永島敬三ですと自己紹介して、すぐ芝居を始めた時にその芝居のタッチが中屋敷法仁もものとすごく似ていて、一瞬こんな風にそれぞれの俳優にあてがきしているのかと驚いたのだが、これは完全に間違いで、新作もあるのだろうが、それぞれのひとり芝居部分はその人がもともと演じたことがあるもので、川尻恵太・御笠ノ忠次の二人は登場してきてかつてあった演劇というもの、劇場というものを語るのだが、3つのひとり芝居をつなげるのりしろのような部分がつくっているのだと思った。二人目の井上小百合はいかにも演劇らしい演劇でちょっと私は苦手なタイプの芝居だったのだが、最後に現在のコロナ対策について政権批判をストレートにしまくり、あえて自分の主張をストレートに論じた入江雅人にこの人がこういうものもやるんだと意外性を感じた。

■配信媒体:Streaming+
■日程:2020年6月1日(月)~6月7日(日)
※タイムテーブルは5月25日(月)発表 ※平日は夜公演、土日は昼公演・夜公演を予定
■公演会場:下北沢本多劇場 ※無観客生配信
■企画・脚本・演出:川尻恵太・御笠ノ忠次
■出演者(五十音順):井上小百合入江雅人、伊礼彼方、柄本時生、小沢道成、小林顕作近藤芳正清水宏、永島敬三/川尻恵太、御笠ノ忠次 ほか
■上演時間:40~50分を予定 ※公演日&演目により、多少前後します。
■料金:前売・当日 2,500円(税込)
※6月1日のみ複数演目を上演、3,500円を予定。詳細は5月25日(月)に発表。
■発売:5月27日(水)正午12:00からイープラスで発売

■スタッフ:
舞台監督:寅川英司
照明:大波多秀起(デイライト)
音響:藤森直樹サウンドバスターズ)
演出助手:伊達紀行
映像:ワタナベカズキ
制作:高橋戦車
衣裳:ヨシダミホ
ヘアメイク:武部千里
舞台美術&宣伝美術:魚住和伸
■協力:ニッポン放送
■主催:本多劇場グループ/DISTANCE製作委員会
■「DISTANCE」特設サイト:http://distance.mystrikingly.com