下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンス、アイドル、ミステリなど様々な文化的事象を批評するサイト。ブログの読者募集中。上記についての原稿執筆引き受けます。転載依頼も大歓迎。simokita123@gmai.comまで連絡お願いします。

「有安杏果 サクライブ 2020 渋谷公会堂公演」@LINE CUBE SHIBUYA

有安杏果 サクライブ 2020 渋谷公会堂公演」@LINE CUBE SHIBUYA

f:id:simokitazawa:20201114093531j:plain
有安杏果 サクライブ 2020 渋谷公会堂公演」@LINE CUBE SHIBUYAを見てきた。春に予定していたツアーがコロナ禍で全部中止になったことへのリベンジライブ(私も参加するつもりだった公演が次々と中止に。)。ソロになって最初の「サクライブ2019」ではまだ喉の調子などの様子をうかがいながらというところがあったが、そうした不安が薄れてボーカリストとしての有安杏果のポテンシャルの高さが存分に発揮されたのが今回の「サクライブ 2020 」であった。
 昨年の「サクライブ」*1は映像でしか見ることができなかったため、ここでしかやらない「サクラトーン」は初めて生で聴いた。ライブの実施はコロナ禍のためにずれにずれこんで晩秋になってしまったが、この曲から始まったのはおそらく今回のライブのセットリストは当初春ツアーを前提に用意していたものをほぼそのまま引き継いでいるからであろうと思う。次の「Runaway」とソロデビュー後の新曲が並ぶのもそれを反映しているからではないか。
 とはいえ、逆に言えば今年のコロナ自粛期間以降に作曲に取り組んでいたはずの純然たる新曲は今回は入れていなかった。
 コロナ自粛中の楽曲制作もあるし、新曲も山ほどあるはず。むしろ、来春早々の東阪名公演に向けて、どの曲を温存するかがポイントだったかもしれない。来春には新アルバムが出る可能性も高いと考えている。これは杏果の周到な計画好き、完全主義が反映されていて、年明け早々に次のライブが予定されているから、こちらにそうした曲は集めようとの狙いからではないかと思う。
 今回のライブでは「Do you know」「愛されたくて」「ラストシーン」はダンス曲ブロックがあり、踊りながら歌うということを重視した演出になっていた。有安杏果の魅力は歌だけではなく、EXPGとももクロの経験で鍛え上げられたダンスの魅力にもある。このライブではこの3曲でいつも以上に「踊る有安杏果」を強調する内容となっていた。これだけ踊りながら歌えば、歌に影響が出そうなものなのだが、ももクロで鍛えただけあってか、有安の歌唱には微塵の乱れも感じられない。むしろ、「Do you know」「ラストシーン」などは最近ライブ映像が公開された前回のライブよりも力づよいボーカルとなっていて、歌唱面での格段の進歩が感じられた。
 とはいえ、歌に関して言えばやはりいずれも難曲であると思われる「Everything」(MISIA)、「何度でも」(DREAMS COME TRUE)*2をセットリストに入れて、見事に歌いこなしてみせたのが、印象的であった。しかもどちらも歌唱のレベルをオリジナルより下げるということはないのに真似ではなく、きちんと有安杏果の歌にしてみせていたのが印象的であり、以前に有安杏果の最大の武器は作詞作曲ではなくボーカリストとしての表現力であると書いたことがあったが、その面目躍如といっていいパフォーマンスだった。
 特にMISIAの「Everything」*3は歌が上手いと言われている人にとっても歌いこなすのが難しい歌で、無謀な挑戦と言われても仕方ないところだが、以前だったらこういう実力に対してぎりぎりの歌を歌う際には頑張りや必死さが前面に出てしまったものだが、今回はそういう感じは受けないで音楽に寄り添うように歌いこなせている事実にスキルの積み重ねの努力の跡を感じた。考えてみれば、これまでも本人ゆかりの曲とはいえ「小さきもの」(林明日香)や武道館ライブでは宇多田ヒカル「FIRSTLOVE」も歌っているから、有安らしい選曲かもしれない。
 実はこのライブはStreamingでも購入しておりアーカイブを見直してみて初めて気が付いたことがあった。それはカバー曲の選曲についてである。ライブ当日の感想では上にも書いたように難しい曲にあえて挑戦したかったのだなというぐらいの受け取り方だったが、この曲はどちらもコロナ禍の日本の状況を杏果なりに考えたうえでの選曲ではなかったのかと思えてきたのである。
 まず最初はいくぶん強引な解釈かもしれないが、MISIAの「Everything」の歌詞には「逢いたい想いのまま 逢えない時間だけが過ぎてく 扉すり抜けて また思い出して あの人と笑い合う あなたを」という部分があり、もちろんこの歌は「あなた」との恋愛のことを歌っているのだが、杏果はここにライブをやり、ファンの前で歌いたかったけれどそれができなかったもどかしさを仮託して歌っているのではないかということ。もう、一方の「何度でも」はもっとストレートで、これは東京が震災に襲われたという極限状況のなかで患者と向き合って戦う医療スタッフを描いたドラマ「救急病棟24時」の主題歌であった楽曲。この歌のライブ映像のコメント欄を見て見たら、医療関係者やさまざまな苦境にある人たちの書き込みが数多く書き込まれており、杏果はこの歌について何もコメントはしなかったけれども、熊本の震災の時に作った自作の「小さな勇気」と続けて歌ったことには明らかに込められた意味があると思う。そして、うかつなことに忘れていたけれど、この人はもともとそういう人だった。

サクライブ 2020セトリ
1サクラトーン
2Runaway
3Do you know
4愛されたくて
5ラストシーン
6Everything(MISIAのカバー)
7虹む涙
8ナツオモイ
9Drive Drive
10小さな勇気
11何度でも(ドリカムのカバー)
12Catch up
13TRAVEL FANTASISTA
14Another Story
EC
15逆再生メドレー
16ペダル

2020年3月5日(木) Zepp Nagoya
2020年3月11日(水) Zepp Namba Osaka
2020年3月13日(金) 高松festhalle
2020年3月14日(土) BLUE LIVE HIROSHIMA
2020年3月16日(月) Zepp Fukuoka
2020年3月19日(木) Zepp Sapporo
2020年3月21日(土) 仙台PIT
2020年3月27日(金) LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)

※コロナの影響ですべて中止。