下北沢通信

中西理の下北沢通信

現代演劇やコンテンポラリーダンスなど様々な文化的事象を批評するサイト。

名探偵ポワロ第5シリーズ(第34 - 41話)〈各52分〉

名探偵ポワロ第5シリーズ(第34 - 41話)〈各52分〉

名探偵ポワロ」シリーズの連続放映を録画まとめて視聴することになった。アガサ・クリスティー作品はケネス・ブラナーの演じた映画版「オリエント急行殺人事件」など近年も映像化される機会は多いのだが、ポワロのイメージはほとんどデヴィッド・スーシュ(そして吹替は熊倉和夫)によるところが強くて、ブラナーがいかに名優であるといっても「これじゃない」感が強いのだ(笑い)。
 このシリーズはクリスティーによる知名度の高い作品が偏る長編作品だけではなく、第1シリーズが短編の連作から始まったように短編が丁寧に作品化されているのも評価すべき点であり、今回続けてみた第5シリーズもいずれも短編作品のドラマ化である。
 ドラマとしては短編の方は52分で長編の103分と比べて短めにはなっているが、長編はクリスティーの仕掛けた複雑なプロットをどうしても単純化したり、分かりやすくせざるをえないのに対して*1、短編は1アイデアで短くまとめた原作をきちんとビジュアル化してロケなども加えてまとめるために背景などをオリジナルで付加しているところも多く見られて、ドラマ独自の楽しみも多いのである。
 下記の作品中では出来栄えがいいと思われたのは「黄色いアイリス」と「死人の鏡」(「第二のドラ」)。
 

www.cinefilwowow.com

第34話 1993年1月17日 1993年7月3日 エジプト墳墓のなぞ
The Adventure of the Egyptian Tomb ピーター・リーヴス(ウィラード卿)
アンナ・クロッパー(レディー・ウィラード) 依田英助(ウィラード卿)
瀬能礼子(レディー・ウィラード)
堀勝之祐(ロバート・エイムズ)
江原正士(ガイ・ウィラード)
第35話 1993年1月24日 1994年5月21日 負け犬
The Underdog ジョナサン・フィリップス(チャールズ)
アン・ベル(レディー・アストウェル) 平田広明(チャールズ)
小沢寿美恵(レディー・アストウェル)
土井美加(リリー・マーグレイブ)
川久保潔(サー・ルーベン)
第36話 1993年1月31日 1994年2月5日 黄色いアイリス
The Yellow Iris ロビン・マキャフリー(アイリス・ラッセル)
ジェラルディン・サマーヴィル(ポーリーン・ウェザビー) 小林修(バートン・ラッセル)
鈴置洋孝(アンソニー・チャペル)
松島みのり(アイリス・ラッセル)
小山茉美(ポーリーン・ウェザビー)
第37話 1993年2月7日 1994年7月31日 なぞの遺言書[注 7]
The Case of the Missing Will マーク・キングストン(アンドルー・マーシュ)
ベス・ゴダード(バイオレット・ウィルソン) 宮川洋一(アンドルー・マーシュ)
島本須美(バイオレット・ウィルソン)
藤波京子(フィリダ・カンピオン)
麻生美代子(セーラ・シダウェイ)
第38話 1993年2月14日 1994年4月9日 イタリア貴族殺害事件
The Adventure of the Italian Nobleman レオナルド・プレストン(エドウィン・グレイブス)
シドニー・キーン(フォスカティーニ伯爵) 羽佐間道夫エドウィン・グレイブス)
伊藤和晃(フォスカティーニ伯爵)
内田稔(ブルーノ・ビッツィーニ)
吉田理保子 / 甲斐田裕子マルゲリータ・ファブリ)
第39話 1993年2月21日 1993年7月10日 チョコレートの箱
The Chocolate Box ジェームズ・クームス(ポール・デルラール)
デヴィッド・デ・キーサー(ガストン・ボージュ) 佐古雅誉(ポール・デルラール)
松岡文雄(ガストン・ボージュ)
鈴木弘子(ビルジニー・メナール)
鳳八千代 / 福井裕子(デルラール夫人)
阪脩(サン・タラール伯爵)
仲村秀生 / 園江治(クロード・シャンタリエ)
第40話 1993年2月28日 1994年5月28日 死人の鏡
Dead Man's Mirror イアン・カスバートソン(ジャベイス・シェブニックス)
リチャード・リンターン(ジョン・レイク) 戸田恵子(ルース・シェブニックス)
富田耕生(ジャベイス・シェブニックス)
大塚芳忠(ジョン・レイク)
北村昌子(リンガード)
第41話 1993年3月7日 1994年6月11日 グランド・メトロポリタンの宝石盗難事件
Jewel Robbery at the Grand Metropolitan トレヴァー・クーパー(エド・オパルセン)
ソーチャ・キューザック(オパルセン夫人) 滝口順平エド・オパルセン)
谷育子(オパルセン夫人)
家弓家正(ソーンダース)
中尾隆聖(アンドルー・ホール)

*1:原作に通日にとすれば映画並みの2時間超の尺がどうしても必要となってくるはず。